RSS
Admin
Archives

軍帽仮面の足跡

ケミにホム好きプレイヤーのひっそりとしたゲームプレイ日記。グラブル記事が多いがゲーム以外をネタにすることもある。

プロフィール

ヤタカ

Author:ヤタカ
Vali在住の軍帽スクラッチジェネ。
でも最近はグラブルばっかりに。

■GranblueFantasy
 空の住人 Rank153


■Ragnarok Online
-Status-
・Genetic 165/57 
 奴が軍帽仮面
 Homunculus-Eleanor


[Another]
・Genetic-2nd 130/44
 Homunculus-Sera 
・Genetic-3rd 130/45
 Homunculus-Dieter
・Paladin 99/70 
 TEer(故)


カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.06
22
Category : グラブル雑記
2週間もあったモバマスコラボ、そしてキャンペーン期間が終了しました。
開始前は長いなぁと思ってましたが終わってみるとあっという間でしたね。
私はこの期間の成果はそれなり、週末どちらも用事に時間を取られていたので
気軽に進められるヘイローばかりしていた気がします。

本日深夜のメンテを挟み、夜には古戦場戦が始まるので気持ちを切り替えていくところですが
古戦場戦前のビックニュース、リミットボーナス及びリミットボーナスアビリティが追加実装です。
これでようやくリミットボーナスはコラボ勢以外は一通り実装されたことになります。

情報を集めてみるとフィーナやイッパツあたりが面白いことになっているようですが
私がまず一番気にしていたマキラのリミットボーナスはこちら。
20170621c.jpg
特殊ハーヴィンなので二段目までのボーナスはあまり期待でなかったものの
固有ボーナスは中々有用なものを貰っていました。
グラン君以外のデバフ命中率が信用ならないグラブルにおいて弱体成功率UPは超重要。

有用な固有ボーナスといえばメリッサベルもいい感じに強化されてます。
20170621d.jpg
自傷アビとシナジーのある背水に2個ある攻撃アビを強化するアビ上限UP。
そして残り二つも当たりボーナスと名高いクリティカルでどれに振るか悩むほどの固有ボーナス。
この強化が7月のバランス調整でも発揮されることに期待が膨らみますね。

そういえば今回のリミットボーナス実装キャラの中で
ドロッセルのボーナスは異色を放っていました。
20170621e.jpg
比類なき超防御ボーナス。
彼女以上にユニークなボーナスを持つキャラも居ないでしょう。
サポアビもユニークなものが追加されそう。

・・・なんか気になったキャラがハーヴィンばっかだな。

ま、いいや。
それはそれとして今回リミットボーナスが追加されたキャラが増えたことで
古戦場戦のスタメンに色々と変化がありそうです。

まずは私の光属性エース、仮面ガールロザミア。
20170621b.jpg
なかなか堅実なボーナスでエースの地位は更に磐石なものとなりました。
強いて言えば反射ではなく敵対心UPが欲しかった。

そして光属性をあまり使わないので注目してなかった
水着ゼタ姫に今凄い可能性を感じています。
20170621a.jpg
このリミットボーナスは強い。(確信)
追加されたサポアビの「追い撃ち状態の場合、連続攻撃確率UP」は
かなり補正値が高いらしく優秀な効果らしいです。

手持ちの中ではロザミアと並んでエースアタッカーになりそうな水着ゼタ姫。
問題はリミットクラスが全然育ってないのでほとんどボーナスに振ることができません。
くそぉ・・・こんなことならキャンペーン期間中、古戦場戦に向けてキャラを吟味して
アンナと一緒に育成させておくべきでした。
20170621f.jpg
スポンサーサイト
2017.06
20
Category : 検証雑記
前回の回復検証記事はこちら

過去記事「【グラブル-297】続々・回復検証【検証記事】」→ 

==========

今回の回復検証は光レ・フィーエやセレフィラが取得できる
リミットサポートアビリティ「味方全体の被回復上限UP」について調べてみます。
20170620a.jpg

トライアル戦で補正の異なるキャラを用意し、色々な回復アビリティを使用し
リミットレベル毎のデータを集計。
メンツはこんな感じです。
20170620b.jpg
ホント回復検証でコンジャクションが使えるゾーイは必須ですわ。
トライアル設定で自分自身のHP操作もできるようになればいいのに。

回復上限補正に関しては一応色々なパターンを試してみたものの
以前の検証で出した計算式以上に目立った情報はありませんでした。
なので結果をコンパクトに。

各キャラの回復上限補正値が下記として

・グラン君:1.5倍(慈愛/ヒールスタンス/リミボ) + ニルヴァーナ
・カリオストロ:1.85倍(ヒールスタンス/リミボ) or 2.35倍(ヒールスタンス/リミボ/奥義)
・セレフィラ:1.25倍(ヒールスタンス)
・ゾーイ:1.0倍(補正値無し)


まとめた表はこちらです。
20170620f.jpg

結果を見てみるとどのアビリティも
サポアビLv1では+100、Lv2では+150、Lv3では+200
回復上限が増えています。

中でも再生効果を付与する「レガーメ・ファンタジア++」は
対象の補正によって効果量がバラバラなのに皆が同じ上昇値になっていることからも
リミットサポートアビリティ「味方全体の被回復上限UP」は
アビリティやスキルの効果を受けない固定値で回復上限をUPさせる効果を持つ

ということが推測できます。

・・・表を見てみるとゾーイはレガーメ・ファンタジア++の回復量が
サポアビLv2では「500」、サポアビLv3では「537」で他のキャラと上昇値が違うから
この推測を結論付けるのは早急なんじゃないかって?
20170620c.jpg

オーケーオーケー、それは確かに最もな疑問。
しかし騎空士はうろたえない。

忘れてはならないのは、この検証で調べているのは
リミットサポートアビリティ「味方全体の被回復上限UP」について。
このサポートアビリティはその説明の通り「回復上限を上げる」アビリティであり
「回復量を追加する」アビリティではないのです。

つまり何かに依存する回復の場合、回復上限が上がると変更前と同じ条件では
上限に到達することが出来なくなってしまうケースがありえるというわけですね。


今回の件もまさにソレ。
レガーメ・ファンタジア++の奥義で付与される再生効果は
最大HPに依存しているため検証時のゾーイのHPでは
サポアビLv3で補正が加わった回復上限に届くことができませんでした。

そんなわけで最大HPを引き上げて再度検証。
20170620d.jpg

うん、回復量が「550」になって綺麗に
レガーメ・ファンタジア++の回復上限が「350 + 200」になりました。

今回のグラブルの回復に関する検証のまとめ
 
(1)回復アビリティには回復上限が設けられている。
 ただしキュアポーションや瀕死時のハイルミッテなど一部回復上限のない例外も存在する。

 ex:ヒールオール回復上限1500、ニルヴァーナ回復上限500

(2)回復アビリティの上限はスキルやアビリティなどの補正で引き上げられる。
 ex:ヒールオール回復上限1500 * 慈愛(回復上限+20%) = 1800

(3)補正効果は複数あると加算され、合計値が回復アビリティ上限の補正値となる。
 (補正効果の対象はスキル、アビリティ、奥義効果、召喚効果、リミットボーナス等が該当)
 ex:ヒールオール回復上限1500 * 合計補正値(+50%) = 2250
 ※合計補正値 = 慈愛(+20%) + ヒール・スタンス(+25%) + リミットボーナス(+5%)

(4)一度に複数の回復アリビティが発動する場合、回復アビリティ毎に上限補正の計算を行い
 その結果を加算した値が最終回復上限となる。
 ex:ヒールオール回復上限1500 * 合計補正値(+50%) +
  ニルヴァーナ回復上限500 * 合計補正値(+50%) = 2900
 ※合計補正値 = 慈愛(+20%) + ヒール・スタンス(+25%) + リミットボーナス(+5%)

(5)リミットサポートアビリティ「味方全体の被回復上限UP」は上記のスキルやアビリティの補正値とは
 独立した固定値が最終回復上限に加算される。

 ex:ヒールオール回復上限1500 * 合計補正値(+50%) +
  ニルヴァーナ回復上限500 * 合計補正値(+50%) + リミットサポアビLv3補正値200 = 3100
 ※合計補正値 = 慈愛(+20%) + ヒール・スタンス(+25%) + リミットボーナス(+5%)



2017.06
18
Category : 家庭菜園
六月も半ばだというのに一向に雨の降らない関東圏。
まぁ多湿で日の無い気候は私の家庭菜園的には嬉しくないので
今の気候は願ったりなところがあります。

そんな夏模様の空の下、ジャガイモの成長は留まる所を知らず。
20170618a.jpg
大分背丈も伸びてきたので増し土を行いイモ本体を日光からガードです。
イモが土の表面に出てきて日に当たってしまうとその部分が緑色になり
有害成分を含むように変化してしまうので、増し土大事。

成長といえばキュウリは既に実が成り、なかなかいいサイズになってきました。
20170618b.jpg
表面のトゲトゲは新鮮な証。
キュウリは雌花だけでも実がなる植物なのでナスやブロッコリーよりも
栽培しやすい印象があります。

ただ今回のキュウリはうどんこ病の発症が止まらないのが懸念材料。
病気にかかっている葉はすぐさま取り除いているのですが
ふと新しい葉を見てみると白い斑点が浮かび上がってきてキリがありません。
20170618c.jpg
苗自体に病気が侵食しているのだろうか・・・

まだホームセンターにキュウリの苗は売っているので
八方塞がりになったら新しい苗に植え替えるのもありな気がしてきました。
2017.06
17
Category : 十天衆
十天衆を解放するにあたり銀片集めの苦労は
サラーサ解放の過程で身に染みて感じました。
なのでモバマスコラボのめぼしいアイテムの収集が終わった後は
残りのキャンペーン期間は来たるべき次の十天衆解放に備え
ヘイロー周回に時間をあてていました。

もっとも二週間程度のキャンペーン期間で銀片40個を集めきるのは
それはそれで大変なので半額関係なしに合間見て銀片集めはしていましたね。
最近はアニメ放送プレゼントや記念ログインボーナスでエリクシールハーフが
潤沢に入りAPには比較的余裕がありますし。

なので個人的にこのキャンペーン期間の恩恵はAP半額よりも
経験値UPの方がリミットボーナス稼ぎが捗り助かってます。
20170616b.jpg

さて、そんな前々から集めていてた次の解放予定十天衆の銀片も収集完了し
依代四凸までの下準備は完了しました。
20170616c.jpg
なお、今回は現物落ちずに銀片40個集めるハメになった模様。

現物が落ちた斧を集めていた時と同じく
オリバー+トレハン平均6くらいで倒してたんだけどなぁ。
どうにも確率の悪魔に捕まってしまったようでした。

いいんだ…周回数が増えればその分リミットボーナスが上がるから…
そう逆に考えるんだ。
俺はヘイロー周回で銀片を集めてたんじゃぁない。
経験値とジーンを集めていたんだ、と。

まぁ斧の時みたく銀片が40個集まったタイミングで
現物が落ちてもそれはそれで困りますが。
ショップの依代交換画面で現時点だと使い道が無くなった斧の依代が
交換可能のため常に最上部に表示されているのが物悲しい。
20170616a.jpg

そうそう、ちょっと上で触れてましたが次はシスを解放する予定です。
20170616d.jpg
ただヒヒイロ確保目途が立っていないのでいつになることやら。
2017.06
14
Category : バトル雑記
ここのところ武勲稼ぎを兼ねたマグナ戦では
レアリティボーナスも狙ってSR編成で挑んでいます。

私がマグナ毎に編成している面々はこんな感じ。

【ティアマト・マグナ】ジェミニ・スーテラ・アンナ
20170614a.jpg
連撃追撃でゴリゴリ削る様はまさに火力の火属性。
アンナは連撃追撃アビを持って無いですが、固定枠ですし。
まぁ武勲のレアリティボーナスの状況によって
アンナはレアリティをスイッチして不足分を補っています。


【コロッサス・マグナ】ラムレッダ・新田美波・ルリア
20170614b.jpg
水属性はキャタリナさんを筆頭に配布が優秀すぎる件。
ニューフェイス美波はアビに隙が無くダメージアビは減衰高めですし
ルリアは後半の次元断連打をティアマトの力で華麗に回避してくれます。
ラムちょは・・・良い奴だったよ。


【リヴァイアサン・マグナ】十時愛梨・ソリッズ・ジャミル
20170614d.jpg
リヴァマグは水鏡が弱体化したので編成の幅が広がりました。
とは言え、この十時、ソリッズ、ジャミル君とアタッカーで固めた
殺られる前に殺る編成でも一回目の特殊技はどうしても受けてしまうので
水鏡はゴリ押し、タイダルはかばう+チャフリリースで対応しています。

ハウンドドックはサイバーな銃が似合っていて
私は特にギガントアームズのビジュアルが好み。


【ユグドラシル・マグナ】タイアー・セレフィラ・セン
20170614c.jpg
ミストとセレフィラで防御を下限まで下げた後に
ケツアゴタイアー君とグラン君が放つダブルアサシンはSRながらも強力。
でもセンがユグマグキラーすぎて
もうお前だけでいいじゃないか状態だったり。


【シュヴァリエ・マグナ】プレデター・神崎蘭子・ダヌア
20170614e.jpg
プレデターと蘭子は回避アビありますし、ダヌアの全体反射が保険になるので
50%トリガーは問題なく通過可能です。
この編成のグラン君はナイフハンドと六崩拳カウンターでプレデターを守るマン。
マージ解除でターン数が必要になるおかげで
蘭子は闇の力を高頻度で解放することができてます。


【セレスト・マグナ】フェザー・ノア・アルシャ
20170614f.jpg
対セレマグでアルシャはレアリティ関係無しに鉄板キャラ。
そこにフェザーとノアを加え全体的な足を早くしています。
後半戦で付与される光耐性はロボミ、シュヴァ剣奥義効果、シュヴァマグ召喚で対応。

最終解放フェザーは色々とうるさい、でも奥義のタメ動作はGood。
そしてノアを使っているといつも思います。
シナリオのキーキャラであるノアのリミテッド実装はまだか。
ロゼッタみたく召喚石化でもいいのよ?